カップ

接客等も学べる

カフェに関する仕事をしたいという人の夢を叶えてきたのがカフェの専門学校です。専門学校ですので全ての授業はカフェに関する事です。しかも講師は現役で活躍している一流のバリスタやシェフばかりなので安心して学べます。

詳しく見る

砂糖を入れたコーヒー

確実に得るには

コーヒーの資格を得る事で就職に有利になったり、自分で美味しいコーヒーを淹れられるようになります。そのために便利なのが専門学校です。プロの講師がきめ細かくコーヒーについて教えているので、誰でも資格を取得できるでしょう。

詳しく見る

女性

独立開業を目指すなら

カフェで働くために知識や技術を身につけたい、独立開業を考えているという人は専門学校で本格的に学ぶこともおすすめです。学校ではドリンクやフードのメニューの習得はもちろん、接客や経営知識も学んでいくことができます。

詳しく見る

幅広い知識のある人に良い

男性

知識を持つ証

コーヒーの専門家になっていなくても、コーヒーが好きでいろんな種類のものを飲み比べている人はたくさんいます。誰よりもコーヒーについて知っている自信を持つ人に、良い資格となるものがあります。それがコーヒーソムリエという資格です。それはどういった資格なのかといいますと、コーヒーの基礎知識を有している人が取得できる証であり、受験資格はないので誰でも取得できるものとなっています。コーヒー豆の種類や産地はもちろん、美味しいコーヒーの注ぎ方、焙煎、抽出の方法、そのほかラテアートについても詳しく知識を持つことで取得することができます。受験料は1万円となっており、インターネットからの申し込みも可能となっています。他にもコーヒー関連の資格はありますが、ほとんどはセミナーを受講して取得するものが多いのです。しかしコーヒーソムリエはセミナーを受ける必要はなく、申し込むことで試験を受けることができます。コーヒーは様々な種類があり、その種類によって味も香りも濃くも変わっていきます。しかも同じ豆の種類であっても深入りか浅入りか、焙煎の仕方によってまた味の濃さも色の濃さも香りの濃さも変わっていきます。苦味が強い味のものもあれば、酸味が強いものもあり、その種類の数は200以上もあるといわれています。すべての種類を知ることは難しくても、多くの種類の味を知っていると自信を持つ人は、知識を持っている証として取得してみるのも良いかもしれません。

コーヒー

自分に合ったコースを選ぶ

コーヒーの資格取得は今まで知らなかった豆の知識や由来が身につき、これから生活していく中で人から人に繋いでいけるものであり、自分の将来性があるものだと考えました。コーヒーは奥が深く資格取得する事は簡単ではありませんが、コーヒーに対する気持ちや考え知識を身につけたい方にはお勧め出来る資格だと思います。

詳しく見る

本とコーヒー

学校探しの基本とは

独立も視野に入れて、専門学校のカフェコースに進学する場合には、パンフレットや個別相談会などで情報を集めるのがポイントです。調理だけではなくて、接客や経営についても学べる学校を選ぶと、就職や開業に役立つノウハウも体系的に習得できるでしょう。

詳しく見る